CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

WordPressを含め、ブログサイトにソーシャルボタンは欠かせないツールとなりました。

メジャーなSNSボタンにはTwitter、はてなブックマーク、Facebook、Googleプラス、mixiなどのサービスがありますが、これらの技術仕様は全て異なるので、複数のボタンをブログに設置するにはそれなりの労力を必要とします。また、その機能は日々進化しており、予期なく仕様が変更されることもあるので、その管理は大変です。

そこで、これらの管理を一括できるWordPressのプラグインを探していたらありました。

「WP Social Bookmarking Light」
このプラグインを利用することで、先に述べたSNSボタンの他、数十種類ものサービスを管理画面から一元管理できます。

プラグインの入手とインストール

管理画面「プラグイン」→「新規追加」より「WP Social Bookmarking Light」を検索してインストールします。
インストールが完了したら、プラグインを有効化します。

ちなみに私の確認した環境はWordpress 3.5.1、プラグインのバージョンは1.7.5です。

プラグイン設定

管理画面「設定」→「WP Social Bookmarking Light」より各種設定が行えます。

Social Bookmarking Light

Social Bookmarking Light

直感的ですごくわかりやすいインタフェースなので、特に操作に困りません。

「位置」からページの上部に表示するのか、それとも下部か、両方かを選択することができます。サイトデザインにもよりますが、表示後にスタイルの調整は若干必要になるかもしれません。
また、テンプレートに以下のコードを埋め込むことで、任意の位置に表示することが可能です。

<?php if(function_exists("wp_social_bookmarking_light_output_e")){wp_social_bookmarking_light_output_e();}?>

さらに、固定ページに表示するのか、ブログ記事に表示するのか、それぞれ設定できるようになっています。

ドラッグでボタンの追加・削除が行えるところもいいですね。
ボタンを追加すると、そのボタンの詳細設定がタブメニューから行うことができます。

まとめ

直感的な管理画面で、簡単に複数のSNSボタンを管理できるすばらしいプラグインだと思います。

ただ、冒頭にも述べたとおり、今後SNSボタンの仕様に変更があった場合に、どれほど迅速に対応してくれるかが気になるところです。

Googleの検索エンジンのみならず、ソーシャルからのアクセスが増えてきている昨今、ボタンが最新の状態で機能し続けていることが重要ですからね。

そのあたりも注目しつつ、しばらく使ってみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Monthly Archives

Search