CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

PHPに限った話でなありませんが、プログラミングで「何時間後」や「何日後」などを求めなければならない場面は結構多いです。
普通に処理の流れを考えると、timestamp関数などで現在時刻を取得して、x日後だと1,000ミリ秒かける60秒かける60分かける24時間かけるx、の値を加算して、さらにフォーマットを変換して出力。。。といったようなめんどくさい記述を書いてしまいがちです。

PHPにはとっても簡単な記述方法があったんですね。

例えば、今日から1週間後

echo date("Y/m/d", strtotime("+7 day"));

例えば、2010年10月31日の6ヶ月前

echo date("Y年m月d日", strtotime("-6 month", strtotime("2010/10/31")));

いやぁ、らくちん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search