CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

Product Advertising APIを利用するために、PEARの「Services_Amazon」を使ってみます。

今回、構築したのはPHP5.3.0上です。
コマンドラインが実行できないレンタルサーバなどの環境下では、パッケージを手動でPEARのサイトからダウンロードします。「Services_Amazon」を動作させるためには、以下のPEARパッケージが必要となります。それらを以下にまとめます。

Services_Amazon 0.8.0 http://pear.php.net/package/Services_Amazon
HTTP_Request 1.4.4 http://pear.php.net/package/HTTP_Request/
Net_URL 1.0.15 http://pear.php.net/package/Net_URL/
Net_Socket 1.0.10 http://pear.php.net/package/Net_Socket/
XML_Serializer 0.20.2 http://pear.php.net/package/XML_Serializer/
XML_Parser 1.3.4 http://pear.php.net/package/XML_Parser/

コマンドラインが実行できる環境であれば、以下を実行するだけでインストールは完了します。

pear install Services_Amazon-0.8.0

手間な場合はローカルでコマンドを実行した後、インストール済みのPEARパッケージをまるごとレンタルサーバにアップロードする方法もあります。

さて、Services_Amazonの利用方法については、以下のマニュアルを参照すればよいのですが、
http://pear.php.net/package/Services_Amazon/docs/0.8.0/
ここで、簡単な動作確認だけしてみます。

require_once 'Services/Amazon.php';
$amazon = new Services_Amazon('APIのキー', 'APIのシークレットキー', 'アソシエイトID');
$response = $amazon->ItemSearch('Books', array('Keywords' => 'らきすた'));
print_r($response);

実行結果として、キーワード「らきすた」を含んだ書籍の商品情報が出力されます。

APIの詳細については、そのうちカテゴリAPIで説明します。

Amazon APIは他のアフェリエイトAPIに比べて仕様が難しいです。
元々は英語版のマニュアルが日本語化されているからでしょうか。マニュアルについては以下のサイトで確認できます。
Product Advertising API 開発者ガイド (API Version 2010-09-01)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search