CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

PHPの処理の中で、リクエストを送信して、その結果を受信、処理したいといった場面で、PEARのHTTP_Request2が活用できます。

HTTP_Request2

その名のとおり、httpでリクエストを発信できるので、任意のページをまるまる取得することもできます。

例えば、以下のコード

$query = "http://api.bit.ly/v3/shorten?login=loginid&apikey=xxxxxxxxx&uri=http://blog.he-ron.jp&format=json";
$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $query);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
curl_setopt($ch,
CURLOPT_HTTP_VERSION, CURL_HTTP_VERSION_1_1);
$response = curl_exec($ch);
curl_close($ch);
return json_decode($response);

これをHTTP_Request2で実装すると、以下のようにコーディングボリュームを抑えることができます。

require_once('HTTP/Request2.php');
$query = "http://api.bit.ly/v3/shorten?login=loginid&apikey=xxxxxxxxx&uri=http://blog.he-ron.jp&format=json";
$request = new HTTP_Request2($query);
$response = $request ->send();
return json_decode($response);

PEARをもう少し勉強したら、いろいろ便利なのが見つかりそうだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search