CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

WindowsにMovableTypeをインストールするにあたって、Perlが動作する環境が必要になります。そこで、今回はActivePerlをインストールします。なお、WindowsにApacheやMySQLなどはインストール済みの状態から作業を始めます。

各種環境は以下の通りです。

OS Windows 7 Professional
Apache 2.2.12
MySQL 5.1.37
PHP 5.3.0
ActivePerl 5.12.2

通常、WindowsにはPerlが動作する環境が整っていません。
例えばMTのインストールマニュアルに従い、Xamppが入っている状態のサーバで、「http://xxx.xxx.xxx/mt/mt-check.cgi」にアクセスしMovableTypeのインストール環境を確認しようとすると以下のようなエラーが表示されます。

Error message:
couldn't create child process: 720002: mt-check.cgi 

WindowsでPerlを有効にする方法にはいくつかあるようですが、今回は最もシンプルな方法で実現してみます。

ActivePerlをインストール

では、まずActivePerlは以下のサイトよりダウンロードします。
ActiveState
「Download ActivePerl 5.12.2 for Windows」というリンクからダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。

この時にインストールディレクトリを変更します。cgiファイルを開いてみると分かるとおり、Perlのパスはデフォルトで「#!/usr/bin/perl -w」とされているので、インストールフォルダは「Perl」ではなく「usr」とします。
また、インストールするドライブですが、Apacheがインストールされているドライブと同一にする必要があります。例えば、PerlがDドライブ、ApacheがEドライブだったりすると、うまく動作しません。この点には私もはまりました。。。
システムドライブ「Cドライブ」にApacheを入れると管理権限などでめんどうになることもあるので、私の場合、「Eドライブ」にインストールしてあります。そうした場合、Perlのインストールフォルダは「E:usr」とします。

インストールフォルダの指定以外は、ナビゲーションに従い、デフォルトのままでインストールを完了させます。

再び「http://xxx.xxx.xxx/mt/mt-check.cgi」にアクセスしてみて、「Movable Type システムチェック [mt-check.cgi]」が問題なく表示されればPerlのインストールは成功です。

ActivePerlモジュールをインストール

「mt-check.cgi」の結果を見てみると、以下のようにいくつかパッケージがないことでアラートが表示されています。

サーバーに DBD::mysqlか、DBD::mysqlの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに DBD::SQLite2か、DBD::SQLite2の動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに Crypt::DSAか、Crypt::DSAの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに IPC::Runか、IPC::Runの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに Cache::Fileか、Cache::Fileの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに Image::Magickか、Image::Magickの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 
サーバーに Mail::Sendmailか、Mail::Sendmailの動作に必要な他のモジュールがインストールされていません。 

今回、DBにはMySqlを使うため、とりあえずモジュール「DBD::mysql」をインストールします。
プログラムファイルから「Perl Package Manager」を開きます。
activeperl

左上のアイコン「View all packages」を選択して、検索窓を利用して「DBD::mysql」を探し出し、インストールします。インストールは対象のモジュールを選択し、「Mark for install」ボタンを押した後に、「Run marked actions」ボタンを押して実行します。

これでMovableTypeのインストールが可能になったはずです。
後は公式のマニュアルに沿って、MySqlのDBの構築、MovableTypeのインストールを実行します。

それにしてもめんどくさいですね。やっぱりWordPressのほうが融通が利いていいや。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Monthly Archives

Search