CMS構築を目的にPHPをベースとしたWordPress、CakePHPやPEARなどオープンソースを中心に解説しています

CakePHP1.3でエレメントを利用してみます。
以前に、ビューの外枠にレイアウトがあることを記事にしましたが、それに対してエレメントはビューの中で再利用される部品のようなものです。
フォーム、メニュー、広告など、異なるビューの中で繰り返し利用したい場合にエレメントを利用します。

例えば以下のような内容のエレメント「/app/views/elements/sidemenu.ctp」を用意します。

<h3><?php echo $title ?></h3>
<ul>
<li>サイドメニュー1</li>
<li>サイドメニュー2</li>
<li>サイドメニュー3</li>
</ul>

これをビュー「/app/views/sample.ctp」から利用する場合、以下のように記述します。

<?php echo $this->element('sidemenu', array("title" => "サイドメニュータイトル")); ?>

elementの第一引数にはエレメント名、第二引数にはパラメータを設定します。
以下、表示結果です。

element

複数のパラメータを渡すこともできますし、配列などを渡すこともできます。またエレメント内でヘルパーを利用することもできます。

上記の例ですが、本来はリストの中身を動的にするべきですよね。あまりよろしくない例ですが、機能は理解していただけたでしょうか。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Reference

Comment

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Monthly Archives

Search